後援の流れ

STEP
申請書の提出

はじめに、下記の申請書にご記入の上、
info@shiromado.com までお送りください。

 申請書のダウンロード(Word)
 申請書のダウンロード(PDF)

後援額について
上映会で収支総計が黒字(利益)となる場合は、後援の対象となりません。
  A:入場料無料の上映会は、上映料・会場使用料など(上限10万円)で後援します。
  B:入場料有料の上映会は、収支総計の「①赤字を後援(上限5万円)」、
   又は、「②上映料・ゲスト謝礼金を後援(上限10万円)」します。
  (レストランやカフェなど飲食店等での、有料の飲食をセットにした上映会は、Bの対象となります。)

STEP
審査、後援の可否報告

申請いただいた上映会の企画が、下記後援条件に当てはまるか審査をいたします。
可否報告は、申請書をお送りいただいたメールアドレスに返信させていただきます。

後援条件について

  1. 本事業は、地域の映画文化を育むことを目的としているため、上映会の他、ゲストや鑑賞者間でのトーク、映画内容に関連した飲食会など、上映会に関連したイベントをセットで行うことが、後援の条件となります。
    (上映会のみの実施は後援対象外となります。)
  2. 申請時及び上映会実施後に、予算書・決算書・報告書等の書類を提出する必要があります。
  3. 所定のアンケート(主催者用・鑑賞者用)を提出し、その内容の公開に同意する必要があります。
  4. 後援主体として、広報物等へ白マドの灯ロゴマークと以下の記載が必要になります。
    八戸クリニック街かどミュージアム上映会後援事業「白マドの灯」
    ▶︎ 白マドの灯ロゴマーク使用ガイドライン
  1. 本事業所定の「反社会的勢力排除に関する覚書」への署名が必要です。
    また、以下に該当する活動等への後援は致しません。

・公の秩序を乱し、善良な風俗を害するおそれがある活動
・施設等を損傷・滅失するおそれがある活動
・宗教団体による祭事等の宗教行事・布教活動、入会・寄附等の勧誘
・政治団体による入会・寄附等の勧誘
・本後援事業の実施者である八戸クリニック街かどミュージアムが不適当と認める活動・団体等

  1. 申請者情報を登録していただく際は、初回のみ対面での打ち合わせをお願いします。
STEP
上映会実施

後援が決まった個人・団体には、企画・広報・会場設定についてのアドバイスも行っております。

STEP
上映会後、必要書類の提出

「事業収支決算書」「事業報告書」「アンケート(主催者用・鑑賞者用)」を事務局までご提出ください。
(未払いのものは、請求書で大丈夫です)

STEP
後援金の支払い

※申請者が学生・未成年者の場合は、後援金の前払が可能です。
 その場合、保護者(親・担当教師等)のサインが必要になります。